暦日記

日日のこと。 季節のこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2014年2月27日 雨

14-2-27

明日、明後日は料理教室「ごはんの会」です。



いつも、レシピはパソコンで作っているのですが、故障の為、今回は手書き。



いつもよりぱつぱつなテキストになっておりますが、それも味だと思って頂けたらうれしいです。



明日、明後日、雨模様ですが、みなさまお気をつけて来てくださいね。
心よりお待ちしておりまーす。



スポンサーサイト
  1. 2014/02/27(木) 17:07:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年2月26日 晴れ。

14-2-26

実は。
パンとコーヒーって、毎日に欠かせないものだったりします。



昨日の撮影はそんな、すてきな組合せ。
一日中、幸せの匂いに包まれて。



素晴らしいチームでの撮影。
本当に楽しかったー



発売まで、あとしばらく。
出来上がりも本当に楽しみー



今日は編集の島田さんから頂いた豆で、コーヒー時間。
穏やかにゆるゆると。
ご馳走さまです。







  1. 2014/02/26(水) 21:54:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年2月22日 くもりのち晴れ

14-2-22

朝早くから、どたどたばたばた。



ふぅーと、思ったらば、もう夕方。
あともうひとふんばり。
の、前に一服。



今日のお供はいちご大福と桜餅。



装いは春ですなぁ。








  1. 2014/02/22(土) 18:01:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年2月20日 くもり。



遠くに見える大山もすっかりと雪をかぶっている。
蔵王連峰を思い出す風景に、自転車止めて、息子と二人で見惚れるように眺めるが、寒さで顔が凍るのを感じ、慌てて自転車、走らせる。



わたしが住むここいら辺は、まだまだあちこちにこんもりとした小さな雪山が。
近所の方が、毎日、誰かしら雪かきしています。



雪が解けぬほど寒い日が続いておりますが、春の野菜が随分と出回り始めました。
久しぶりの買い物は春野菜中心に。



今日はえんどう豆のごはんを炊きました。
つやつやとまんまるいえんどう豆は本当に春らしい。



豆を一緒に炊き込んだ方が風味もよくなる。
だけども、せっかくならば、可愛らしい色味も楽しみたい。



どちらも楽しみたい。
と言う欲張りな私は大体、サヤを一緒に炊き込みます。
豆は別茹でで、茹でた煮汁もご飯を炊くときに一緒に入れる。
豆は炊き上がりに混ぜ込む。



そうすると、えんどう豆の風味もしっかりとつくし、色合いも鮮やかになる。
春の匂いと色味を楽むためのちょっとしたコツです。
みなさまもぜひお試しくださいね。


  1. 2014/02/20(木) 15:14:48|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年2月17日 晴れ。



冬と春をひとつの皿によそってみた。



見惚れるような美しさ。



ほろ苦さとみずみずしさが口の中に広がると、もうすぐ春がくるのだなーと。



雪深い日に思ったのでした。










  1. 2014/02/17(月) 09:49:41|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


降り出した夕方に私が一度、主帰宅夜半過ぎに一度、朝に一度と計三度の雪かきをする。
北海道生まれの主は腕の見せ所。
流石の雪さばきに感嘆する。



さて、そんな大雪の次の日、みなさまの素晴らしい心意気でごはんの会が開催されました。



今年最初のごはんの会も恒例の味噌仕込みから始まりです。



ごはんの会の味噌仕込みは、ふくふくの豆をすり鉢にて潰すところから始めます。



仕込は至ってシンプルな作業ばかり。
難しい事も特になし。
ただ、この豆を潰すと言う作業が何気に大変。



ごはんの会の味噌仕込みは、「今年の豆はどうかしら」と味見をして、わいわいがやがや。
味噌のことから、世間の話まで幅広く。
あーでもない、こーでもないと花を咲かせつつ、潰していきます。



実はそれが味噌仕込みをうまくこなすコツなのではないかと思ってます。



味噌仕込みの後は大豆や味噌を使った、ささっとごはん。



まあるくむすんだおむすびに、去年仕込みの味噌をのっけて、さっと炙った味噌むすび。
味噌を加えた鶏だんごから出汁を取った汁もの。
ふっくら茹でた大豆を新玉ねぎ、クレソンと合わせて、春らしいサラダを。
山形土産の美味しい漬物を合わせて昼ごはん。
最後の甘いのは田舎ぜんざいを用意して。



そしてごはんを食べながらのみんなさんの近況報告も楽しみごとのひとつなのです。



味噌仕込、足下悪い中お越し下さったみなさま、本当にありがとうございました。



今年も塩梅よい味噌になりますように。
頃合いをみて、天地返しなどもお知らせしますね。



次回は今月末のベシャメルソースの会です。
みなさまにお会い出来るのを楽しみにしています。






  1. 2014/02/10(月) 11:42:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年2月8日 雪。

14-2-8.jpg

さりさり、こんこん。
とめどなく雪が降る。



関東でもこんなにさらさらした雪がふるのだなーと、
すこしびっくりしております。
昨日まではニュースを聞きながら、「脅かし過ぎでは?」と思っていましたが…
今回はそんなこともないようで。



所用のため、朝から外出。
先ほどやっと家にたどり着く。
心底冷えた身体には、やっぱりこれだよなー、
と、ささっとヴァンショーをつくる。



わたしのヴァンショーはその時々のジャムや果物の密煮でつくるのです。
これがね、うまいんですよ。
今回はこの間つくった、みかんと生姜のジャムでつくりました。



うーん。しみる。
お腹の底から温まる。
こんなのも寒い日の楽しみです。










  1. 2014/02/08(土) 16:42:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年2月4日 くもりのち雪。

14-2-4.jpg

家の中の鬼を出したら、最後に自分の中の鬼を追い出す。
それが結構、厄介だったりするのだろう。
「オニハソトー。フクハウチー。」と呪文を唱えながら。



関東でも恵方巻がずいぶん浸透してきましたが、
わが家ではここ数年炊込みごはんをつくっております。
「茹で大豆と塩豚と春菊の炊込み」「茹で大豆と帆立とせりの炊込み」などなど。



今年は炒った大豆を使って。
「炒り大豆としらす」にしてみました。



しらすはイワシの稚魚と言う事もあり、今回はこの組合せ。
調味料もシンプルに。塩と酒としょうゆを少々。
大豆としらすから出汁も出るので、お出汁も使わず。
というか、わたしは炊込みごはんをつくるとき、
出来るだけ具材から出汁を取りたいと考えています。
その方が素材のうまさを確認出来るし、気軽に出来るから。



今回も上出来。



レシピはfacebookにて公開しております。









  1. 2014/02/04(火) 06:29:30|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年2月3日  くもり時々晴れ。

14-2-3.jpg

連載させていただいているらでぃっしゅぼーや「おはなしsarad」。
今回はにんじん尽くしです。
この時期のにんじんはぐっと甘さを蓄え、味も濃くなる。
そんなにんじんをいろんな角度から見てみました。
にんじんの可能性を最大限に引出したレシピ。
そしてどれもこれも、すぐにできるものばかりです。
たくさんの方につくって頂けたらうれしいです。



おはなしsaladをつくるにあたり、スタッフと話をしているのは、
その野菜自体の味を丸ごといただきたいと言う事です。



野菜はどれもこれも個性的。
甘みもあれば青臭さもある。
苦味があれば奥行きもある。
それが本来の姿。



それでも今の野菜は甘さを強調し、青臭さをなくしたり、形をよくしたりと、
農家さんたちが悪戦苦闘しながら、つくっています。



わたしの祖父もそうでした。
祖父は米をつくる人でした。
亡くなってから知ったのですが、毎年、米のついた稲の標本をつくり、
その年の米の状況を事細かく記載したものが出て来たのです。
その膨大な量を見て、どれだけ米づくりが好きだったのか思い知らされました。
きっとどこの農家さんも、それに近いかそれ以上の情熱を持って農作物をつくっているのだと思っています。



だからわたしができることは、それを丸ごとおいしくいただく方法を見つけると言う事。
すこしでも多くの人に野菜本来の姿を知ってもらい、
その個性豊かな野菜をすきになってもらいたいと思っています。



この時期の野菜は甘みも強い。
けれども、その分、繊維も固くなる。
それをどうおいしくいただくか。
そして、「つくりたい」と思わせられるか。
そこが一番重要だったりするのですが。
しごとっぷり、たくさんの人に見て頂けたらうれしいです。



らでぃっしゅぼーやの野菜も本当にうまい。
力強く、野趣あふれる味わい。
毎回、感動しながら料理をさせてもらっています。
機会がありましたら、ぜひお試し下さい。



らでぃっしゅぼーやHP

  1. 2014/02/02(日) 06:27:22|
  2. しごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
管理者用 |  RSS |  全記事リストを表示 |

過去ログ
 | 2015年07月(28) | 
 | 2015年06月(19) | 
 | 2015年05月(22) | 
 | 2015年04月(30) | 
 | 2015年03月(23) | 
 | 2015年02月(36) | 
 | 2015年01月(28) | 
 | 2014年11月(10) | 
 | 2014年10月(10) | 
 | 2014年09月(7) | 
 | 2014年08月(13) | 
 | 2014年07月(4) | 
 | 2014年06月(8) | 
 | 2014年05月(9) | 
 | 2014年04月(10) | 
 | 2014年03月(4) | 
 | 2014年02月(9) | 
 | 2014年01月(3) | 
 | 2013年01月(1) | 
 | 2012年11月(2) | 
 | 2012年10月(3) | 
 | 2012年09月(4) | 
 | 2012年08月(8) | 
 | 2012年05月(1) | 
 | 2012年04月(4) | 
 | 2012年03月(6) | 
 | 2012年02月(5) | 
 | 2012年01月(16) | 
 | 2011年12月(1) | 
 | 2011年11月(2) | 
 | 2011年09月(5) | 
 | 2011年08月(4) | 
 | 2011年07月(6) | 
 | 2011年06月(8) | 
 | 2011年05月(10) | 
 | 2011年04月(6) | 
 | 2011年03月(5) | 
 | 2011年02月(12) | 
 | 2011年01月(10) | 
 | 2010年12月(4) | 
 | 2010年11月(6) | 
 | 2010年10月(6) | 
 | 2010年09月(9) | 
 | 2010年08月(8) | 
 | 2010年07月(6) | 
 | 2010年06月(6) | 
 | 2010年05月(6) | 
 | 2010年04月(11) | 
 | 2010年03月(12) | 
 | 2010年02月(12) | 
 | 2010年01月(11) | 
 | 2009年12月(12) | 
 | 2009年11月(12) | 
 | 2009年10月(11) | 
 | 2009年09月(10) | 
 | 2009年08月(9) | 
 | 2009年07月(10) | 
 | 2009年06月(10) | 
 | 2009年05月(10) | 
 | 2009年04月(2) | 
 | 2009年03月(17) | 
 | 2009年02月(12) | 
 | 2009年01月(14) | 
 | 2008年12月(12) | 
 | 2008年11月(8) | 
 | 2008年10月(12) | 
 | 2008年09月(7) | 
 | 2008年08月(12) | 
 | 2008年07月(13) | 
 | 2008年06月(10) | 
 | 2008年05月(10) | 
 | 2008年04月(8) | 
 | 2008年03月(12) | 
 | 2008年02月(11) | 
 | 2008年01月(18) | 
 | 2007年12月(15) | 
 | 2007年11月(14) | 
 | 2007年10月(13) | 
 | 2007年09月(13) | 
 | 2007年08月(19) | 
 | 2007年07月(25) | 
 | 2007年06月(23) | 
 | 2007年05月(25) | 
 | 2007年04月(26) | 
 | 2007年03月(23) | 
 | 2007年02月(20) | 
 | 2007年01月(21) | 
 | 2006年12月(1) | 
カテゴリー
日記[642]
日記とan:co[51]
日記とレシピ[16]
日記とお店[32]
日記と音楽[31]
日記とイベント[72]
ごはんの会[50]
本[34]
しごと[29]
暦ごはんの会[26]
こども暦ごはんの会[1]
スズキエミさんの台所[5]

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。