FC2ブログ

暦日記

日日のこと。 季節のこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6月28日 晴れ

8-6-28.jpg

朝に煮出した麦茶を、昼過ぎまでしっかり冷やす。
夏の一番暑い時間帯に、それを取り出しコップに注ぐ。
コップ全体がひんやりとするまで、一呼吸。
そして、一気に飲み干す。


柔らかな空気を取り入れた透明なガラスに触れた瞬間に、
香ばしい液体は、やんわりとしたやさしい冷たさに変わるだろう。


庄子さんのガラスは、すんなりとわたしの生活に入り込む。
ずっと前から、そこにいましたよと言うように。



今回の作品たちは、夏向きなすらりとしたこたち。
その中から、呼ばれる。よばれる。
そこへ、はーい、はいと返事する。



夏の午後の麦茶。
夕暮れ時の、瓶ビール。
朝には、牛乳でもいいかもな。
と、そんなことばかりを想像する。



早く、暑くなればよいな。




スポンサーサイト
  1. 2008/06/28(土) 22:36:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月25日 くもり時々晴れ

8-6-25.jpg

同じ家に住んでいるという事だけでは家族とは言えないのではないかと。



日々、同じごはんを一緒に食べていくから家族になるのだ。
というか、なっていくのだと、わたしは思っている。



お店で働いていた時には、スタッフも家族になる。
ヘタしたら3食、お店でごはんを食べていたのだから。
みんなの健康状態も心配になるというものだ。



「ちゃんと食べた?」とよく言っていたし、よく言われていた。
しっかり者のスタッフに囲まれていたから、ちゃんと食べてるはずなのに、
お互いがお互いの心配をする。



家族なのだよな。そんなようなところが。



お店を辞めた今現在のわたしにも家族がいる。



ここ数日、忙しくごはんをつくれない愚妻のかわりに、
ごはんを作ってくれるわが家の主。



アジア風のたたき胡瓜に、水菜と豆腐のサラダ。
そしてカンパチと鯛のお刺身。
もちろんドレッシングもつくる。
玄米もおいしく炊ける。



ごはんのおかずというよりも、つまみだよなと思っても、
それは言わずに、「おいしいねー」と言ってみる。



家族になっていくのは、やはりいいもんで、
それを日々感じながら過ごせることを幸せに思い、
今日のごはんに感謝する。



ごちそーさまです。





  1. 2008/06/26(木) 00:03:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月20日 くもり

8-6-20.jpg

味噌を冷蔵庫に移さねばと、
ばあちゃんに言ったら、鼻で笑われた。



そうだ、味噌はその土地のその気温、気候でうまくなるのだ。
カビが生えたら、こまめに取り除けばいいのだ。



そうだ、そんなことなのだ。



長野から、立派な大豆が10kgちょっと届く。
梅仕事が終わったならば、
今年の第二弾の味噌仕込みに取りかかれねば。




  1. 2008/06/20(金) 08:05:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月18日 晴れ。

8-6-18.jpg

夜遅くに、作業台を挟み向かい合うようにイスをおく。
ボウルにホシ取りの楊枝、そしてホワイトリカーと塩も用意し、
始めますかと言った訳でもないけども、ふたりで始める。



ぽつりぽつりと話しながら、
お互いの担当するところは黙々と。



そしてるうちに、ぽつりぽつりが、ぽつぽつとなり、
作業終わりに近づいたらば、喉が渇く位しゃべったよう。



途中、しょっぱい話も交え、梅干しは塩に漬け込まれる。



しょっぱい話に、梅干しだ。
甘いものも恋しくなるというもんだ。



夜中にごそごそ、アイスをよそる。






  1. 2008/06/19(木) 00:12:24|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月14日 晴れ。

8-6-14.jpg

去年の3kg漬けた梅は、半年持たずに食べ終わってしまったから、
それを教訓に今年は10kg漬けようと、心積もりしていたところ。



出始めで梅も高いだろうから、下旬くらいでよかろうと構えていたら、
散歩がてらに行ったお店で、手頃で良さそうな紀州の梅と巡り会う。



10kgの持ち帰り。
一人であれば、やはり躊躇する重さである。



でもそこは、運命の出会い。
うちの唯一の男手と一緒。
そりゃ、持ち帰るしかないというもの。



毎日欠かさず梅干しを食べるのだから、
うちの男手さんも協力的。
さぁさ、10kg担いで帰りましょ。



うちに着いたらば、早速箱からだしてざるにあげる。
も少し熟すのを待ってから、今年の梅干しづくりを始めましょ。



それまで、切ないくらいに甘く酸っぱい、
膨よかな匂いを楽しみましょう。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岩手・宮城内陸地震の発生で心配して連絡をくださった友人たち、
本当にありがとうございます。

わたしの実家は海岸沿いで被害はそんなに多くありませんでした。
しかし、栗駒の方では被害がどんどん大きくなっています。
何か出来る事があったらと気は焦るばかりです。
一日も早く、いつもの生活に戻れる事を願います。






  1. 2008/06/14(土) 23:23:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月13日 晴れ。

8-6-13.jpg

ぐるりと山に囲まれて、山の斜面から見る景色は、
ほぅーうと息を吐き切るほどの絶景だ。



山の色のグラデーションと空のうす水色が、日本的なのだと思う。
パッキとした色ではなく、どこまでも柔らかく曖昧なる色合い。
わたしはそんなところを愛している。



それらを背中に背負って、粘土質の地面に這いつくばる。
ガリガリとした土の表側。



水を含ませると、ぐんぐんと飲むように吸い込んでく地面。
石まじりのねっとりとした土を一堀ずつシャベルを入れる。



言ってしまうと、あっけないけれども、
一堀に、物語がある。
一カ所として、同じところはない。



思った以上に、その一堀は険しく困難。
時間をかけて、掘っていく。
そこに凛と美しい葡萄の苗をおいていく。
祈るように、石まじりの土も戻す。



長野県上田と言う土地に、この葡萄は根を張る。
まだ頼りなく、支えがなければ風に倒されるのだけども、
たくさんの人達の手と愛情で、ぐんぐん大きくなるのだろう。
この葡萄がワインになるのは3年後。
わたしはその時、この葡萄の木に恥じない自分でありたいと思う。



  1. 2008/06/14(土) 08:42:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月10日 晴れ。

8-6-10.jpg

晴れやかな日差しが入るから、今日も茶殻をそこいら中にまく。
ひと呼吸おいたら、さっさっと掃除。



少し前から、茶殻をまいて掃除をしています。
ちょっとやってみるかと始めたならば、とてもいい具合で埃が集まる。
二匹のネコのふわふわした毛が、おもしろい様に集められるから、楽しくなる。



朝も早くから、掃除機の音っていうのが気にくわなかったので、
こりゃあいいと、茶殻を取っとく。



ほうじ茶を入れる事が多いので、必然的にほうじ茶をまく。
掃除機をかけたときよりもさっぱり。
気分的なものかもしれないけれど。



そして今日もせっせとお茶を飲む。










  1. 2008/06/10(火) 23:20:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月9日 くもり時々雨。

8-6-9.jpg

お天道さまが上がるちょっと前に起き、
とろりと濃く入れたエスプレッソでカフェオレを作る。
砂糖を二さじ。あくまでも甘く、濃く。
窓を開け、まだ起きぬ世間を見渡し、一口すする。



朝起きは、性に合うのだ。
午前の2時まで作業するのならば、
午前3時に起きて作業するほうがいい。



数年前まで朝4時まで営業しているお店で働いていたのが、
ウソの様な今現在。
でも、お客様がいない時は寝ないように大きな声で歌ってたけど。



明るくなったら働いて、暗くなったらごはんをいただいて、ねむる。
そんなような生活をすることが、わたしたちの行き着くところであればいい。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、最近のan:coの甘いもの。
緑レンズ豆のチェー。
きびの砂糖で煮上げたレンズ豆に、ココナッツ風味のお団子。
胡桃なんかのナッツとくこの実などのドライフルーツ。
写真は自分用のご褒美チェー。



  1. 2008/06/09(月) 17:35:29|
  2. 日記とan:co
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月4日 晴れ。

8-6-4.jpg

お腹がすくと機嫌が悪くなるまでいかなくとも、
けっして幸せな気分とは言えない。
それは確か。



ぽいっと口に放り込めるのがいいと、
干した果物とか黒糖、胡桃に落花生、
たまに韓国のりなんかがわが家の定番、
というか、わたしの定番。



ここ最近は、焼いた菓子などもそこに加わる。
暇な時など、いや、暇がなくともここ最近は焼くのです。



味噌のかりんとう。
かりんとうと言うと、棒状の生地を揚げたものに黒糖をまぶすものが一般的ですが、
宮城には薄くのばされた生地を揚げたかりんとうがあるのです。
わが家では、一斗缶で買っていたようで、
どれだけみんなすきだったのか、伺えるはず。



わたしの作る、かりんとうはこの一斗缶のかりんとうが元。
それをわたしなりに解釈し、配合し、つくる。
シンプルな材料で、ざっくりと焼く。



それを瓶に入れて、いろんな合間に口へ入れる。
ザクザクと粉の味と味噌の味を噛み締める。



ここ最近は酒のお供とかにもなってます。
味噌の塩気ときびの砂糖の甘さがワインにも合う。
それは最近の発見。



そして、ちょっとしたおすそわけ。
何かの合間、ちょっと一息入れる時に食べて頂けたらとてもうれしい。



だから、かりんとうを作るのかもしれないな。
気取らず、合間にちょこっとつまむかりんとう。






  1. 2008/06/04(水) 20:37:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月1日 晴れ。

寒いもんだから風呂にでもつかりましょうと入ったけれども、
震えが止まらず、おかしいなと思い熱を測れば、39℃近い。
そりゃ寒い訳ですよ。


布団に入って寝ようと思っても、うつらうつらするだけだ。
頭を動かせば、びっくりするくらい痛いから、静かに布団へ沈んでみる。
そしたらそしたで、なんだか不安になってくるから面倒だ。


年に一度くらいは熱を出す。
基本的に平熱が高いもんだから、37℃台の熱はどってことないのだけど、
38℃を超えたとたん、泣きたくなるくらい辛くなる。
心細く、頼りない。


そんな時、ふと耳に入る音で安心する。
下に住む大家さんがふすまを開ける音だとか、お風呂の水の音、
そんな音を聞いてたら、すとんと記憶を失ってる。


人間も動物と同じで、弱った時は動かずにじっとそこに集中する。
心細くなったら、生活の音を聞き、人の強さを感じ、そして食べる。



友人が見舞いに持って来てくれた果物などは、染みるように身体に入る。
そんな友人がいると言う事も、ひとつの支えと言うものだ。






  1. 2008/06/01(日) 22:11:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
管理者用 |  RSS |  全記事リストを表示 |

過去ログ
 | 2015年07月(28) | 
 | 2015年06月(19) | 
 | 2015年05月(22) | 
 | 2015年04月(30) | 
 | 2015年03月(23) | 
 | 2015年02月(36) | 
 | 2015年01月(28) | 
 | 2014年11月(10) | 
 | 2014年10月(10) | 
 | 2014年09月(7) | 
 | 2014年08月(13) | 
 | 2014年07月(4) | 
 | 2014年06月(8) | 
 | 2014年05月(9) | 
 | 2014年04月(10) | 
 | 2014年03月(4) | 
 | 2014年02月(9) | 
 | 2014年01月(3) | 
 | 2013年01月(1) | 
 | 2012年11月(2) | 
 | 2012年10月(3) | 
 | 2012年09月(4) | 
 | 2012年08月(8) | 
 | 2012年05月(1) | 
 | 2012年04月(4) | 
 | 2012年03月(6) | 
 | 2012年02月(5) | 
 | 2012年01月(16) | 
 | 2011年12月(1) | 
 | 2011年11月(2) | 
 | 2011年09月(5) | 
 | 2011年08月(4) | 
 | 2011年07月(6) | 
 | 2011年06月(8) | 
 | 2011年05月(10) | 
 | 2011年04月(6) | 
 | 2011年03月(5) | 
 | 2011年02月(12) | 
 | 2011年01月(10) | 
 | 2010年12月(4) | 
 | 2010年11月(6) | 
 | 2010年10月(6) | 
 | 2010年09月(9) | 
 | 2010年08月(8) | 
 | 2010年07月(6) | 
 | 2010年06月(6) | 
 | 2010年05月(6) | 
 | 2010年04月(11) | 
 | 2010年03月(12) | 
 | 2010年02月(12) | 
 | 2010年01月(11) | 
 | 2009年12月(12) | 
 | 2009年11月(12) | 
 | 2009年10月(11) | 
 | 2009年09月(10) | 
 | 2009年08月(9) | 
 | 2009年07月(10) | 
 | 2009年06月(10) | 
 | 2009年05月(10) | 
 | 2009年04月(2) | 
 | 2009年03月(17) | 
 | 2009年02月(12) | 
 | 2009年01月(14) | 
 | 2008年12月(12) | 
 | 2008年11月(8) | 
 | 2008年10月(12) | 
 | 2008年09月(7) | 
 | 2008年08月(12) | 
 | 2008年07月(13) | 
 | 2008年06月(10) | 
 | 2008年05月(10) | 
 | 2008年04月(8) | 
 | 2008年03月(12) | 
 | 2008年02月(11) | 
 | 2008年01月(18) | 
 | 2007年12月(15) | 
 | 2007年11月(14) | 
 | 2007年10月(13) | 
 | 2007年09月(13) | 
 | 2007年08月(19) | 
 | 2007年07月(25) | 
 | 2007年06月(23) | 
 | 2007年05月(25) | 
 | 2007年04月(26) | 
 | 2007年03月(23) | 
 | 2007年02月(20) | 
 | 2007年01月(21) | 
 | 2006年12月(1) | 
カテゴリー
日記[642]
日記とan:co[51]
日記とレシピ[16]
日記とお店[32]
日記と音楽[31]
日記とイベント[72]
ごはんの会[50]
本[34]
しごと[29]
暦ごはんの会[26]
こども暦ごはんの会[1]
スズキエミさんの台所[5]

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。