FC2ブログ

暦日記

日日のこと。 季節のこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2月26日 くもり。

8-2-26a.jpg

強く強く風がふく。
トタンの雨戸に当たるのが、風なのか雨なのか。



判断できないくらい集中していたのだろうかと考えるけど、
答えを出すわけでもない。



最近の寝不足がたたり一気に調子を崩す。
軽くふわりとした身体が、気持ちのあとについてくる。
それだから、頭の方は慎重になり、冴えてくる。



外の音を聞きながら、
蒸篭に南瓜を並べる。



去年の夏に北海道のおばさんが作った南瓜。
その時には、へなへなした南瓜だと思ったような。
あまりよい印象ではなかったのは確か。



それでも、せっかく北海道から来たのだから、
冬至にでもいただきましょと秋と冬を越させる。



そしたらば、冬至は冬至でばたばたと通り過ぎたもんだから
春少し前の寒い日、やっと包丁を入れる。



相変わらず皮が硬く、包丁が入らないのだけど、
気合で切り分けていくと、届いたときよりも、
落ち着いた黄色が顔をのぞかせる。
そのままかじってみたら、やさしく甘さが広がった。



夏には水っぽく、頼りのない味だったのに、
自分ひとりで、熟したのだ。
土もなく、水もない、小さな台所で、
文句ひとつ言わずに。



愛おしく力強いその食物。
そしてまたわたしの中で生かす。










スポンサーサイト
  1. 2008/02/26(火) 23:51:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月23日 晴れ。

8-2-23.jpg

お昼頃に、ずいぶんと前にケンタロに聞いていた、
てんぷらがおいしいと言う店へ、迷いなく進む。



初めての小倉。
黒い飛行機で降り立つ初の九州。
東京よりも南なのだから、暖かいだろうと決め付けていたらば、
あっさり裏切られる。



かれこれ4年前くらい前、不慣れなカフェの店長は、
「かわいくてしっかりものの女の子」をわたしの下に付けてくださいな、
と注文を出しました。
そこへやって来たのが小さな古閑ちゃん。
その小さな古閑ちゃんが、西に傾きかけたやわらかな陽を浴びて、
嫁いでいきました。



熊本でカフェの店長になった古閑ちゃんへ、
式へ参加できないスタッフからお祝いのメッセージが流されました。
「憧れの店長です」というのを聞いて、自分が言われのよりうれしく、
誇らしく、自慢に思い、暖かな満たされた気持ちになる。



妹のようなものだから、どこに嫁ごうが、どこに行こうが、
何も変わらないのだけど、やはりあの時とは何もかもが違うのだな
と月日の流れを思う。



これから、どんどん幸せになっていくのだろう。
そんなことを想像するだけで、胸がいっぱいになる。



いつまでもお幸せに。








  1. 2008/02/24(日) 10:27:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月17日 晴れ時々くもり。

8-2-17b.jpg

霜柱をざくりと踏んで、家を出る。
懸命に自転車をこぐもんだから、毛糸の中に熱がこもって、帽子を脱ぐ。
思ったよりも、耳に当たる風が冷たく、脱いだことを後悔し、電車に乗る。



3本ばかり電車を乗り継ぎ、wacocoroさんへ。
大きな大きなガラス戸を開けたら、村松さちえさんが笑顔でお出迎え。



和紙で作られたランプシェードは、光をやわらかなものに変えてくれる。
強さとか、透ける加減とか、和紙のいいところを知り尽くしているのだろう。



そして、あったい光を見ながらランチを頂く。
玄米を噛み締める。
わたしの一部になる、そのきれいな食物を。
ゆっくりと、滲みこむ、やさしいごはん。



ごちそうさまです。
そして、よろしくお願いします。




  1. 2008/02/17(日) 23:08:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月14日 晴れ。

8-2-14.jpg

i podに入っている、5枚のアルバムを昨日から繰り返し聞く。



去年、「ポリス インサイド・アウト」 のドキュメンタリーDVDで、
そのリアルな5年間を垣間見た。
スチュアート・コープランドが撮り続けたその映像は、わたしの中に、
THE POLICEと言うバンドを刻み込んだ。



東京ドームを見上げて、この前来たのはPaul McCartneyだったと思い出す。
小松さんは隣の方で数種のTシャツ、どれにするかで悩み抜いている。



TOY STORYのアーミーマンより小さい3人が現れ音を出す。
半テンポ遅れて音が届くから、映像に映る姿は昨日のものじゃないのかと。
確認のため、アーミーマンをも一度見る。



それでも、しばらくするとそれにも慣れて、POLICEがそこにいることに感動する。



演出された、アンコール最後の曲は、ファーストの1曲目だそうだ。
隣の人の気持ちも音の振動と一緒に耳の奥の鼓膜を震わす。



決してよい音と言うわけでもないし、
よい条件で見れたわけでもないけども、
みんな満足げにゲートに集まる。



10代の頃に夢中になって聞いた音楽は、永遠なのだろう。
37歳になる高校の同級生2人は、同じ楽器を叩いてる。
「はらへったー」と言うのを後ろから見て、10代の2人を想像する。



POLICEを聞くたびに、今日のことも思い出すのだろ。
久しぶりのあきちゃんや、うまかったもつ煮込み、
アーミーマンなPOLICE、あるバンドの逸話などのこと。
そして、自分が高所恐怖症だということを確信したことなんか。








  1. 2008/02/15(金) 06:09:26|
  2. 日記と音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月13日 晴れ。

8-2-13.jpg

近所の梅たちは、咲くのもあれば、
かたくなにそんな気配すら見せないのもある。
わたしは寒いもんだから、タッタカと威勢よく歩く。



日が長くなったと、久しぶりに夕焼けのグラデーションをはす斜めに見て、
温度が下がるのを感じ、春を待つ。



去年の今頃のことを思い、菓子を作る。
鬼の居ぬ間に。



友達も参加しているcoucouspoon、山崎しづかさんのレシピを拝借。



もっともすきな香辛料の黒胡椒をたっぷりつかう。
今回はアレンジさせていただき、岩塩も忍ばせて。
ワインに合いそうな、ガナッシュサンドクッキーを完成させた。





  1. 2008/02/14(木) 06:53:40|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2月10日 晴れ。

8-2-10.jpg

川崎は、ここ数年でずいぶんと変わったのではないですかね。
と言っても、クラブチッタにしか行ったことがないのですが。
そこら辺を基準に、変わったものだなと思うのです。



3回目のダイノジフェス。
大地くんのエアドラムがもう少し見たかったなと、
こっそり思う。
ライブの方も、数年ぶりに見る方々、多数。



脇の方から、ちらりと客席を見たらば、
女の子たちが楽しそうに跳んでいる。



ステージの上から発せられる音楽を、
とても必要なのよと言うように、吸い込んでいく。




その姿が、かわいらしく、いとおしく。
どこかのおばさんのような心境で見渡す。




そんな音楽を作り出す人たちが、
身近にいることを誇りに思う。







  1. 2008/02/11(月) 10:17:23|
  2. 日記と音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月9日 曇りのち雪。

8-2-9.jpg

身体の具合と気持ちと言うものは、
比例するものだと、ここ数年で実証済みである。



その前なんかは、身体が多少出遅れていても、
なんとかなったものだけど。



そんなこんなで、長い時間を家で過ごす土曜日は、
ずいぶんと久しぶりなのです。



降るか、降るかと気をもみながら、
外を見てみるのは、暇つぶしではないけども。



だから、パンでもつくろうと思うのです。
こねると言うことは、こういう時、最適な作業だと思う。
無心になるからかしら。



小豆もとろ火で炊きながら。
どんどん調子づいて、こねていく。
発酵中に、レンズ豆のディップも作る。



一時発酵が終わったら、
飽きずに金柑を入れる。



もっと、もっと、何かつくりたくなったが、
調子が良くないことを思い出し、やめておく。



それでもパンの焼ける匂いをかいで、
とても満足する。



  1. 2008/02/09(土) 23:17:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月8日 くもり。

8-2-8a.jpg

ごはん前にチーズケーキをオーブンへ入れた水曜日。



干支を一回り以上も一緒に過ごしたにもかかわらず、
気持ちない一言で、突き放されたりする金曜日。



居心地が悪いから、
「チーズケーキ食べようか」と言ってみた。



飲みかけのワインと一緒に
水曜日に焼き上げたケーキを食べてみる。



チーズの中にほろ苦く金柑が香ていて、
ホワイトペッパーが鼻に抜けた。



食べ終わる頃には、
許してあげようかと思うのだ。


  1. 2008/02/09(土) 01:30:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月6日 くもりのち雪。

8-2-6a.jpg

1月のある日に仕込んだ柚子のジャムは、
爽やかな苦味があるのです。



凛とした、日本的なその香りは、
油絵の具より、水を含んだ絵の具が似合う。



朝早く、それをカンパーニュにたっぷりのせ、
口元へもっていく。



曇った外。
薄い光だけの部屋の中、
そこいらじゅう、柚子の香りが広がる。



外に出たら、あられが降りてきた。



暦は春の字が、ちらほらと見えるけれども、
も少し、冬を噛み締めろと、雪が降る。




  1. 2008/02/06(水) 10:59:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月4日 晴れ。

8-2-3b.jpg

ガリガリとした雪の上を選んで歩く。



氷の上を歩くときは、足を上げずに、
すべるように。



久しぶりの雪降、次の日に
小さいときの足の感覚を思い出す。







  1. 2008/02/04(月) 13:19:57|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月3日 雪。

8-2-3a.jpg

ブラインド越しに、白い雪の光が入っていて、
積もったことを想像してから、窓を開けた。



そしたらば、思っていたよりも積もっていて、
も一度寝ようかと思ったけど、
やはり寝てはいられずに起きてみる。



昨日のおいなりさんの残りのごはんとあるものだけで、
寿司を巻きながら、外の方の子どもたちの声を聞き、
落花生を買わなくてはと思い出す。



夕方には、きえん屋さんの打ち上げに、吉祥寺へ出かける。
毛糸の帽子と手袋にジャケット。
仕上げ、ショールにくるまり、すっかり雪国仕様になってみる。



長靴で雪を蹴りながら進む道路は、
明日になったら、凍りつくのだろう。
そんなことを思い、お店に向かう。



そこで、みんなのいろんな馴れ初めを聞く。
そうかぁと納得し、尊敬する。
おもしろく、まっすぐな人たちの話は、
やはり面白い。



そして、食べて飲んで帰途に着く。
忘れずに、千葉産の落花生も買って、
箱入りの二匹の猫のお土産雪だるまもつくる。



あまり喜ばない猫をよそ目に、
夜遅く、「鬼は外、福は内」と豆をまく。





  1. 2008/02/04(月) 01:15:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
管理者用 |  RSS |  全記事リストを表示 |

過去ログ
 | 2015年07月(28) | 
 | 2015年06月(19) | 
 | 2015年05月(22) | 
 | 2015年04月(30) | 
 | 2015年03月(23) | 
 | 2015年02月(36) | 
 | 2015年01月(28) | 
 | 2014年11月(10) | 
 | 2014年10月(10) | 
 | 2014年09月(7) | 
 | 2014年08月(13) | 
 | 2014年07月(4) | 
 | 2014年06月(8) | 
 | 2014年05月(9) | 
 | 2014年04月(10) | 
 | 2014年03月(4) | 
 | 2014年02月(9) | 
 | 2014年01月(3) | 
 | 2013年01月(1) | 
 | 2012年11月(2) | 
 | 2012年10月(3) | 
 | 2012年09月(4) | 
 | 2012年08月(8) | 
 | 2012年05月(1) | 
 | 2012年04月(4) | 
 | 2012年03月(6) | 
 | 2012年02月(5) | 
 | 2012年01月(16) | 
 | 2011年12月(1) | 
 | 2011年11月(2) | 
 | 2011年09月(5) | 
 | 2011年08月(4) | 
 | 2011年07月(6) | 
 | 2011年06月(8) | 
 | 2011年05月(10) | 
 | 2011年04月(6) | 
 | 2011年03月(5) | 
 | 2011年02月(12) | 
 | 2011年01月(10) | 
 | 2010年12月(4) | 
 | 2010年11月(6) | 
 | 2010年10月(6) | 
 | 2010年09月(9) | 
 | 2010年08月(8) | 
 | 2010年07月(6) | 
 | 2010年06月(6) | 
 | 2010年05月(6) | 
 | 2010年04月(11) | 
 | 2010年03月(12) | 
 | 2010年02月(12) | 
 | 2010年01月(11) | 
 | 2009年12月(12) | 
 | 2009年11月(12) | 
 | 2009年10月(11) | 
 | 2009年09月(10) | 
 | 2009年08月(9) | 
 | 2009年07月(10) | 
 | 2009年06月(10) | 
 | 2009年05月(10) | 
 | 2009年04月(2) | 
 | 2009年03月(17) | 
 | 2009年02月(12) | 
 | 2009年01月(14) | 
 | 2008年12月(12) | 
 | 2008年11月(8) | 
 | 2008年10月(12) | 
 | 2008年09月(7) | 
 | 2008年08月(12) | 
 | 2008年07月(13) | 
 | 2008年06月(10) | 
 | 2008年05月(10) | 
 | 2008年04月(8) | 
 | 2008年03月(12) | 
 | 2008年02月(11) | 
 | 2008年01月(18) | 
 | 2007年12月(15) | 
 | 2007年11月(14) | 
 | 2007年10月(13) | 
 | 2007年09月(13) | 
 | 2007年08月(19) | 
 | 2007年07月(25) | 
 | 2007年06月(23) | 
 | 2007年05月(25) | 
 | 2007年04月(26) | 
 | 2007年03月(23) | 
 | 2007年02月(20) | 
 | 2007年01月(21) | 
 | 2006年12月(1) | 
カテゴリー
日記[642]
日記とan:co[51]
日記とレシピ[16]
日記とお店[32]
日記と音楽[31]
日記とイベント[72]
ごはんの会[50]
本[34]
しごと[29]
暦ごはんの会[26]
こども暦ごはんの会[1]
スズキエミさんの台所[5]

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。